戦えプログラマン

いつだって戦いなのだ

Visual Studio Code の syntax highlight を操る

経緯

VSCodeの標準のThemeカラーのみでは物足りないことがあるかと思う

例えば、標準のDark+
とても好きなのだが、FunctionとVariableの色分けがないことが惜しい
そんな時に

settings.jsonに設定値を書き足す

"editor.tokenColorCustomizations": {
    "[Default Dark+]": {
        "textMateRules": [
            {
                "name": "Function, Special Method, Block Level, GitGutter changed",
                "scope": "entity.name.function, meta.function-call, support.function, keyword.other.special-method, meta.block-level, markup.changed.git_gutter",
                "settings": {
                    "fontStyle": "",
                    "foreground": "#CE6700"
                }
            },
        ]
    }
},

Tips

ここにテーマのデフォルト設定値が入ってるため、これを参考にキー名を探すとよい

C:\Users\${ユーザ名}\AppData\Local\Programs\Microsoft VS Code\resources\app\extensions\theme-defaults\themes

感想

自分でテーマ弄り始めると泥沼 & 他の環境でコードを書けない禁断症状に陥るので、用法用量を守っての使用を心掛けたい