読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦えプログラマン

いつだって戦いなのだ

古いMacBookにSSDを載っけてやる

Mac

訳あって古いMacBookを使うことになった。

この白マックとかいうやつである。(画像は拾いもの)
f:id:arx0balest:20160605005919j:plain:w300

とりあえず何も考えずに最新の El Capitan へOSアップグレードしたところ、重い重すぎる
使い物にならんので、「今どきノートPCにHDDはないよねー」ってことで
内蔵ストレージのHDDをSSDに交換した。

1. ネタを集める。

SSD

 SSDはこれ。
 選んだ理由は、一番安かったから!
 骨董品の延命用だし、速度もSATAで頭打ちだろうし、TLCの安いヤツで十分じゃね~のと。
 250GB台のSSDが7000円で買えるとか、良い時代になったねほんと。

・工具類
 「mac ドライバー」などでamazon検索。
  ・アネックス(ANEX) ヘクスローブドライバーT型 T8×60 No.6300
  ・アネックス(ANEX) 精密ドライバー プラス00×50 No.3450

 ちなみに上記の星形ネジ用ドライバは、筐体固定用のやつ。
 HDD固定用のは、もっと小さいのを買わないといけないらしい。
 なぜ「らしい」なのかって?
 知らずに買って、サイズが合わなかったからだよ!ペンチでねじ回す力技で乗り切ったがな!

 あと、せっかく筐体開けるので、エアダスターもあると、溜まった埃を吹っ飛ばせて気持がいい。

2. 型番を調べる。

f:id:arx0balest:20160605010610j:plain:w300

うちの子は「A1342」というらしい。

3. 型番+SSDでググって交換する。

こちらのサイトがわかりやすかった。多謝。

MacBook(MC207J/A)にSSDを導入する。 @ temverCLBlog

4. ついでに光学ドライブも外しちゃう。

開けてしげしげ眺めてたら、「光学ドライブ要らなくね?」と余計なことを思い付く。
ただでさえ重い(物理的に)のだから、ちょっとでも部品減らしたろうじゃないか。

MacBook Unibody Model A1342 Optical Drive Replacement - iFixit

バッテリーのコード抜かずに作業してたことに気付きびびるなど・・・
そして外してみて・・・
うーん・・・心なし軽くなった・・・ような気がしなくなくなくない

5. あとはOSをインストールしておわり

はいお疲れっしたー

のはずが、OSのインストールでエラー。
ハードウェア構成が変更したせいかな?
よくわからんけど、とりあえず下記参考に解決。

5-1. NVRAMのクリア。
MacのPRAMをクリア(初期化)してハードウエアトラブルに対処する方法 / Inforati

5-2. 日時の設定。
Macをインターネットリカバリしようとしたらエラー - うっかり技術支援部署に配属されたので勉強する
(いっつも思うが、日時の順番が酷すぎる。設計したやつアホなんじゃねーかと常々思う。)

さあ気を取り直して、OSインストール!
この時初めて気付いたけど、MacってOSインストール用のUSBさえ用意しなくていいのね。
インターネット経由で勝手に最新OS DLして、勝手にインストールしてくれる。すげえ。

6. Trimの有効化。

OSX: Mac (El Capitan ) で SSD の TRIM を有効にする方法 | siro:chro

はい今度こそお疲れっしたー。

で。

まだ初期設定をした程度だけど、劇的に違う。サクサク。
5年も昔の骨董品とは思えないくらい、ちゃんと動く。
DiskI/Oだけでこんなに違うもんかね~。

ちんたらやって、全作業合計2hも掛かってないと思う。(もち通販の配送待ちは除きますよ)
割とあっさり簡単に成功したので、押し入れに古いMacBookが転がってる人とか、
中古でMacBook買ったけど遅くて使い物にならなかった人とか、
ぜひお試しあれ。