戦えプログラマン

いつだって戦いなのだ

git hook で、コミットメッセージの禁止文字チェックを行う

git で commit や push 等々する前に、内容をチェックしてくれる機能として、「hook」がある。
リポジトリDirの下記パスに入ってる怪しいファイル.sampleさん達がそれだ。

{リポDir}\.git\hooks

自動でコミットメッセージに特定の文言突っ込んだり、みんなスゴいことやってるけど、
ド単純な「コミットメッセージの禁止ワード」をやってる記事が見当たらなかったので書く。
・・・ド単純過ぎて書くまでもないってことですかね。初心者ってことで大目に見ておくんなまし。

コミットメッセージのチェックに使う hook はこれ。
.\.git\hooks\commit-msg

コードはこんな感じ。
github.com

「pre-commit や pre-push 等を自分で開発したいけどよくわかんない!」
そんな時は、SourceTreeをうまく使うといいと思う。
適当なhookファイルに

echo $1
exit 1

こんな感じのデバッグコード仕込んでSourceTreeからコミットすれば、
必ずエラーでコミットが中断し、変数の中身を確認したりできる。
いちいち面倒な感は否めないけど、単純でいいんじゃないかな。